2015年4月1日
移転のお知らせ
SAILテクノロジーズ株式会社は、4月1日より下記住所に移転いたしました。
〒206-0001
東京都多摩市和田2008-2
大陽日酸株式会社、SIイノベーションセンター内
電話: 042-355-7205
FAX : 042-355-7206
これを機にさらなるサービスの拡大に精励し、皆様のご期待にそいますよう努力してまいりますので、何卒倍旧のご支援御愛顧をたまわりますよう心よりお願い申し上げます。
2014年8月27日
第二回 創薬等支援技術基盤プラットフォーム公開シンポジウムのお知らせ。
弊社が参加している本事業内容につきましてポスター発表いたします
場所:よみうり大手町ホール
時間:10:30〜17:40
参加費無料(要事前申し込み)
2013年6月3日
オフィス移転のお知らせ
SAILテクノロジーズ株式会社は、6月1日より下記住所にオフィスを移転いたしました。
〒252-0039
神奈川県相模原市中央区中央3丁目3-6-102
電話: 042-853-2000
FAX : 042-853-2001
これを機にさらなるサービスの拡大に精励し、皆様のご期待にそいますよう努力してまいりますので、何卒倍旧のご支援御愛顧をたまわりますよう心よりお願い申し上げます。
2012年7月
文部科学省 平成24年度研究開発施設共用等促進費補助金 創薬等支援技術基盤プラットフォーム事業に参加します。
SAILテクノロジーズ株式会社は、生産領域における課題『最先端NMR構造解析に向けた蛋白質試料評価調製システムの高度化と外部支援』(代表機関:大阪大学)の分担機関として、SAILアミノ酸の高度化と標識蛋白質供給体制の整備を通じて我が国の創薬開発を支援します。
創薬支援技術基盤プラットフォーム
解析拠点・生産領域
2012年6月15日
論文リストを更新しました
2008年10月15〜17日
BioJapan2008に出展(パシフィコ横浜)
2008年9月26日
第6回 無細胞科学松山国際シンポジウムにおいて甲斐荘正恒 取締役(名古屋大学 COE特別招聘教授)が講演致します。
場所:松山全日空ホテル本館4階 ダイアモンドボールルーム(A会場)
演題 "SAILing to Optimized Protein Samples for NMR Spectroscopy"(英語)
2008年1月23日
甲斐荘正恒 取締役(首都大学東京 特任教授)が「生体系NMRにおける安定同位体利用技術の開発」の功績により、社団法人 日本化学会より、第60回 日本化学会賞を受賞されました。
2007年10月15日
フナコシニュースで当社の製品が紹介されました。
2007年9月19日
バイオジャパン2007で発表(パシフィコ横浜にて)
2007年6月20〜22日
第6回 国際バイオEXPO出展(国際展示場にて)
2007年5月6〜9日
BIO2007出展(ボストンにて)
2007年3月30日、31日
国際ワークショップが開催されました。
千里ライフサイエンスセンター(大阪)にて、主に安定同位体利用NMR法の応用やSAIL法の発展・普及を目的とした国際ワークショップ(International Workshop on Perspectives on Stable Isotope Aided NMR Methods for Protein Structural Analysis)が開催され、成功裡に終了しました。
2007年2月27日
タンパク3000プロジェクト総合シンポジウムでポスター発表
2006年12月18日
Chemical & Engineering Newsの“Chemistry Highlights 2006”にSAIL法が選出されました
2006年8月
月刊バイオニクスに論文掲載
2006年3月17日
【日刊工業新聞】タンパク質 構造解析最短2週間で
2006年3月2日
【日刊工業新聞】タンパク質構造解析 限界分子量2倍に
2006年3月2日
SAIL法に関する論文がNature誌に掲載されました。
2005年3月9日
【産経新聞】学共同研究センターに大学発ベンチャー
2005年2月28日
【フジサンケイビジネスアイ】横浜市産学共同研究センター初の大学発ベンチャー企業が誕生
2005年2月22日
【日本経済新聞】都立大教授らバイオVB設立
2004年10月15日
会社設立